予防歯科

予防歯科 8020を目指して

8020(ハチマルニイマル)というのは80歳で20本以上の歯を残そうという運動です。20本の歯があれば食生活にほぼ満足することができると言われています。このデータをもとに平成元年より厚生労働省日本歯科医師会が進める運動です。

「生涯自分の歯で食べる」
そして「おいしく食べて健康に生きる」ことを目指しましょう。

Sorriso denti donna felice

予防歯科で大事な2つのポイント

洗面台に置かれた歯ブラシとコップ

「予防歯科」とはTVのCMなどでもよく耳にするようになりました。でも予防とはなんでしょう、皆さんはどのようにお考えですか?単にむし歯を作らないとかそのためにフッ素を塗ったり、定期的に歯石をとったり歯のクリーニングをすることだと思っていませんか。もちろんそれは大事なことです。

でも本当に大事なことはお口の環境を整えることです。大事なポイントが2つあります。

1.原因である細菌はお口の中に棲みついています。ブラッシング(フロスや歯間ブラシも含め)によりプラークをコントロールし、数を増やさない日々のケアがまず基本です。

細菌の棲む場所を減らしてやることも大事です。つまり合わない詰め物やかぶせ物はお口の中から無くしていくこと。これも予防を考えるうえで大切です。いくらブラッシングを頑張っても限界があります。残念な結果になりかねません。

2.力のコントロール、つまり咬み合わせを整えること。これにより1本1本の歯への負担を抑えることができます。バランスよく咬めることができなければ歯への負担は相当なものになります。


歯に対する優先順位
  • まず歯を残す
  • 極力削らない、神経を残す
  • 歯への負担をとりのぞく

1本の歯であってもこの3つを大事にしています。咬み合わせがずれれば肩こりや頭痛も起きますし、抜けたままではお口全体への歪みへとつながってしまうことにもなりかねません。

今のあなたの考えが将来のお口の健康、そして人生の質さえも左右してしまうのです。

このようなことを考えながら私たちは日々の診療に取り組んでいます。

予防の進め方

p_10

小さい虫歯や歯周病は痛みなどの自覚症状がありません。レントゲンも含めて詳細な検査からあなたのお口の状態を客観的に検査します。

咬み合わせ(歯にかかる力の分析)も重要です。その結果をふまえて病気を治すのはもちろん、なりにくい環境に改善していきます。

あなたにあった治療計画を相談のうえで立てて無理なく治療をおこなっていきます。そして、お口の病気が無くなり清潔な状態になったら、今度はなりにくい環境を維持することを目的にメンテナンスを続けていきます。


お口への思いやり

“さあ、治療が終わった、長い通院ももう終わり”。そうですね努力したかいがあってやっと手にしたお口の健康、でもここからが本当のスタートです。

お口の健康は体の健康と密接なつながりがあります。それを生涯にわたって維持できるかどうかはあなた次第です。毎日を笑顔で健康に過ごす努力を少しずつ続けてみませんか。

一人ではなかなか難しいところですが、私たちがそのお手伝いをしたいと考えています。

治療をご希望であればまずご相談ください。心配があればまずお話をうかがうところから始めてまいります。


虫歯についてのよくある質問

i_faq_q

どうしてむし歯になるの?

i_faq_a

日本人の9割がかかっているというむし歯。 お口の中にいるむし歯菌が食物の糖分を代謝して酸を出し歯を溶かします。たかがむし歯、と軽く考えてはいけません。ごく初期のむし歯のぞき進行するともう元には戻りません。むし歯を作らないためには正しい予防を心掛けることが重要です。健康な歯を守るのはあなたの意識とちょっとした努力次第で可能なのです。

i_faq_q

むし歯じゃないのに歯がしみるのはどうして?

i_faq_a

むし歯がないのに冷たいものがしみるのは知覚過敏です。 これは歯肉が下がったことで根が露出し、刺激を感じる症状のことをいいます。露出した部分の知覚を鈍くする治療を行うことで改善します。