小児歯科

お子さまの幸せのために

p_01

お子さまがいつまでも健康な歯とお口でいられたらどんなに素敵でしょうか。何にもまして大変幸せなことであると思います。

当院では「かかりつけ歯科医院」としてお子さまの歯とお口の健康と美しさを守るためにできる限りのお手伝いをしたいと考えています。まず虫歯にしないという方針で予防に重点を置いています。歯ブラシでは取れない汚れの機械的清掃(PMTC)やフッ素塗布、シーラント等を行います。

またお子さまの治療にはご本人はもちろん、ご家族の方とのコミュニケーションが大切と考えています。そのためにキッズクラブも運営しております。

お子さまの治療に対するお願い

初めて歯医者さんに通うお子さまは、大人が想像する以上に不安と緊張の状態でいます。
見たこともない機械やその音、薬品の臭いなどでとても怖い未知の世界です。
当院では、子供達の恐怖心と不安を取り除くことを第一としています。
そのため、いきなりの治療はさけて、まず雰囲気に慣れる事から始めます。
一人で座れない時はまず通うことから、そして椅子に座ってお口を開ける練習から始めています。
歯医者さんの機械に徐々に慣れてもらうよう、一つ一つ説明しながら見せて、触れてとお子さまがお口を開けられるように練習をしていきます。

お子さまが自信をつけて徐々に恐怖心がなくなり、機械にも慣れてから虫歯の治療をと考えています。痛みがある場合も削るだけが唯一の治療ではありません。

p_02


子供は毎日成長しています
無理せずに続けましょう
がんばったらしっかりとほめてあげましょう
また早く終わらそうとあせらないようにしましょう
必ずよい結果が出てきます

がんばったお子さまには、ごほうびとしてシールや可愛い消しゴム、キシリトールタブレットなどをプレゼントしています。

保護者の方には『お口の連絡帳』で治療内容や次回予定、気を付けていただきたいことなどを書いてお渡ししています。

またいただいた質問にお答えしたりとお子さまの歯とお口の健康づくりのためのツールとして利用いただければと願っています。

キッズクラブ

お子さまの健やかな成長のためにはお口の健康が不可欠です。
当院はキッズクラブでサポートします!
p_06

  • ブラッシング指導
  • 自分の歯は自分で守るという意識を幼少期から育てます。

  • 歯ぐきのチェック
  • お子様も歯周病にかかる割合が増えてきています。定期的なチェックで対策を立てていきます。

  • 咬み合わせのチェック
  • 近年は咬み合わせのよくないお子さんが増えています。継続管理することで将来の悪化を防ぎます。

  • 歯のおそうじ
  • 歯垢は時間が経つにつれ、歯ブラシでは取りづらくなり歯石に変わります。専用の器材を使ってクリーニングしていきます。

  • だ液検査
  • 細菌が出す酸は虫歯の原因のひとつとして、とても、重要です。お口の中の細菌や酸を調べることにより、虫歯のなりやすさを具体的に確認できます。(希望により自費にて)

  • フッ素塗布
  • フッ素には、歯を強くし虫歯になりにくくする効果があります。

p_03

入会金・年会費無料

入会していただいた方には『お口のれんらく帳』をお渡ししています。定期健診の際に歯ブラシをプレゼントまたフッ素塗布を無料で行っております。

お子さまの歯並びが気になる方へ~咬合誘導のすすめ

p_05

歯並びが気になるという場合は程度によって修正が必要です。
普通に考えるのは歯の表面に小さな装置をつけてワイヤーで歯を動かす矯正治療ですね。

この「歯列矯正」というのは永久歯が全部生えそろってから始めるものです。
顎の大きさと歯の大きさがアンバランスでスペースが足りなければ歯を抜いて顎の大きさの中へ揃えていくようになります。

ところで歯を抜く場合は第一小臼歯という犬歯の一本奥の歯を抜くケースが多くなります。
これは解剖上の理由と矯正治療のしやすさを考えた場合に抜歯に向いているということによります。

全体のバランスを考えると上下左右1本ずつ合計4本の歯を抜くことになります。

ただし必要のない歯は本来ないはずです。また近年この第一小臼歯は咬み合わせにとって大事な役目を果たしていることがわかってきました。

p_04

ピアノの鍵盤のようにきっちりと隙間なく理想的な形に歯が並んでいなくても全ての歯が揃って機能的に問題がなければそれでよいのではないでしょうか。

こういう考え方から当院では成長期のお子さまには『咬合誘導』 をおすすめしています。

具体的には装置による形態の改善や筋機能トレーニングを行います。

小児歯科についてのよくある質問

i_faq_q

乳歯はいつから生えるの?

i_faq_a

乳歯は一般的に生後6ヶ月くらいから生え始めて2歳からに生えそろいます。
お母さんが妊娠して2~3ヶ月で、すべての乳歯のもと(歯胚)ができ始め、4~6ヶ月位の胎児の頃に固く石灰化し始めます。赤ちゃんが生まれた後は、下の歯から順番に生え、3ヶ月位後に今度は上の歯が生えてきます。 2歳から2歳半頃には全部で20本の歯が揃います。

i_faq_q

どうして歯は生えかわるの?

i_faq_a

人間は体の成長にともなってアゴの骨も成長します。それによって歯並びのアーチも大きくなり小さい乳歯よりも大きい永久歯が必要になるために自然と生えかわるといわれています。

i_faq_q

子供の歯磨きの注意点は?

i_faq_a

小さめの歯ブラシで、小刻みに横磨きするのが、乳歯に適したブラッシング方法です。 歯と歯ぐきの境目や奥歯は丁寧に行うとよいです。嫌がるからといって大きく磨いたり力が入ると歯垢が落ちなかったり歯ぐきを傷つけたりすることもあるので注意しましょう。